中性脂肪とコレステロール、何が違うの?

健康診断などの血液検査の項目でよく見かける「中性脂肪」と「コレステロール」、どちらも脂肪ということは多くの方がご存知でしょう。

しかし、中性脂肪とコレステロールは何が違うのか?と問われるといまいち分かりませんよね。

中性脂肪とコレステロール、そもそも何は違うのでしょう?同じ脂肪ではないのでしょうか?中性脂肪とコレステロールの違いについて紹介します。

中性脂肪とコレステロールの違いは「役割」

中性脂肪とコレステロールの大きな違いはそれぞれの「役割」にあるといえます。

中性脂肪は、グリセロールと3つの脂肪酸から成り立っており、内臓脂肪や皮下脂肪として体内に蓄えられる脂肪でその働きは身体のエネルギー源となります。

対してコレステロールは、体内に多く存在する細胞膜の一部やステロイドホルモンの材料、また、胆汁酸の材料となっています。簡単にいうと体内の代謝機能や生命維持に必要な材料ということですね。

同じ脂肪であっても、身体を動かすのが中性脂肪、入ってきた成分の代謝や生きるための維持機能を担うのがコレステロールということになります。

中性脂肪とコレステロール、上がる原因の違いはある!?

中性脂肪とコレステロールの数値が上がってしまう原因にそれぞれ違いはあるのでしょうか?

中性脂肪が上がる大きな原因は糖質の摂り過ぎとなります。身体に必要以上に糖質を摂り過ぎてしまうと内因性トリグリセリドといって血液中の中性脂肪が増えてしまうのです。

更に中性脂肪はアルコールの摂り過ぎでも上昇しやすくなります。アルコールは身体にとって毒物となるため肝臓ではアルコールを早く分解するよう働きます。

この働きによって、本来であれば肝臓でエネルギーとして使われるはずの脂肪酸が使われずに中性脂肪に変換され消費されることなく体内に貯まってしまうため中性脂肪が高くなってしまうのです。

対してコレステロールは、飽和脂肪酸を摂り過ぎることで高くなります。飽和脂肪酸は肉の脂やバター、乳製品などに多く含まれる脂肪酸です。

脂ものやお菓子類を多く食べるとコレステロールが上がるというのは飽和脂肪酸が多く含まれているからですね。

中性脂肪とコレステロールを下げるには!?

このように、中性脂肪とコレステロールには役割が違う他、高くなってしまう原因も異なります。

そのため、それぞれの数値を下げるためにはそれぞれの上昇してしまう原因を改善する必要があるのです。

中性脂肪が高い場合には「糖質」の摂取量に気を付け、コレステロールが高い場合には「飽和脂肪酸(脂質)」の摂取量に気を付ける必要があるといえるでしょう。

このページの先頭へ