中性脂肪を下げるサプリ!どんな成分が配合されている?

中性脂肪を下げるサプリは、その名の通り中性脂肪の数値を下げる効果がある成分を含むサプリメントのことをいいますが、具体的にどのような成分が含まれているのでしょう?

中性脂肪を下げるサプリに含まれる主な成分について紹介します。

中性脂肪を下げるサプリに含まれる成分

中性脂肪を下げる効果を期待できるサプリメントは複数存在し、含有される成分や比率はサプリメントによって異なりますが、代表的な成分として3つ挙げられます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

青魚に多く含まれる成分でオメガ3脂肪酸の一種です。このDHAには、脂肪分解を促進する効果や脂肪の合成を阻害する効果があり、血液中の中性脂肪を減らすことが期待できます。

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAも青魚に多く含まれる成分でオメガ3脂肪酸の一種となります。中性脂肪に対する効果もDHA同様、脂肪分解を促進する効果や脂肪の合成を阻害する効果によって、中性脂肪を減らすことが期待できるのです。

DPA(ドコサペンタエン酸)

DPAのDHA、EPA同様、オメガ3脂肪酸の一種です。DPAにもDHA、EPA同様の作用がありますが、その効果はEPAの10倍ともいわれています。今まで、DPAはDHA、EPAと比べるとあまり着目されていない成分でしたが、近年、その効果が高いことから中性脂肪を下げるためには、DHA、EPA同様にDPAも摂った方が有効だと言われるようになったのです。

中性脂肪を下げるサプリに含まれる成分は食べ物からも摂ることができる?

中性脂肪を下げるサプリに多く含まれているDHA、EPA、DPA、これら3つを合わせてオメガ3脂肪酸となりますが、これらの成分は食事で摂り入れることはできるのでしょうか?

結論から言うと、食事からこれらの成分を摂り入れることは可能です。

DHA、EPA、DPAはそれぞれ、青魚に多く含まれる成分です。そのため、DHA、EPA、DPAを食事から摂り入れるなら毎日青魚を積極的に食べ続けることで不足なく摂り入れることができます。

しかし、毎日、青魚ばかりをDHA、EPA、DPAの必要量まで食べるというのは現実的ではないというのが正直なところですね。

中には、毎日青魚を食べ続けることを苦としないという方もいるでしょう。こうした方の場合は、食事から摂り入れることで中性脂肪を下げることを期待しても良いといえます。

毎日、青魚ばかり食べ続けることができなければサプリメント

中性脂肪を下げる効果のある代表的な成分となる、DHA、EPA、DPAですが、これらの成分を毎日の食事から摂り入れることは難しいという方は大半だと言っても過言ではありません。

こうした方におすすめしたいのが、中性脂肪を下げるサプリを飲むことです。

商品によって、含有量は異なりますしプラスαで含有される成分も異なりますが、どのサプリメントも中性脂肪を下げることを期待できる成分が含まれていますし、毎日、同じものばかり食べ続けなくてはいけないというストレスはありません

DHA、EPA、DPAといった成分は、食事からでもサプリメントからでも、ストレスにならない方法で継続的に摂り入れることで中性脂肪を下げることを期待することができますので是非、お試し下さい。

このページの先頭へ