中性脂肪を下げるにはどんな方法がある?対策法を見てみよう

血液中の中性脂肪の数値が高い状態が続くことで様々な疾患の原因となるため、中性脂肪が高いという方は下げるための努力をする必要があります。

しかし、具体的にどうすれば中性脂肪を下げることができるのか?気になりますね。そこで、中性脂肪を下げるための対策法を紹介します。

中性脂肪を下げる3つの方法

中性脂肪を下げるための対策として、代表的な3つの方法を紹介します。

中性脂肪を下げる薬を服用

中性脂肪の数値が高く、医師から薬物療法が必要だと判断された場合、中性脂肪を下げるために有効な薬が処方されます。

中性脂肪が高くても自覚症状がないため、薬を飲むことに抵抗を持たれる方も少なくありませんが、中性脂肪が高い状態が続くのは身体にとってかなりの負担となってしまいます。

そのため、医師が必要だと判断し薬が処方された方は、薬を飲む必要があるといえるでしょう。

但し、中性脂肪を下げるための薬を飲めば後は何もしなくて良いという訳ではありません。食生活を始めとした生活習慣の見直しは必須となります。

生活習慣の改善、食事の改善

中性脂肪の高い方の特徴として、不規則な生活をしていたり、運動不足、また、暴飲暴食、糖質過多な食生活などが挙げられます。

これらの生活が習慣化することで中性脂肪が高くなりますので、中性脂肪が高いと診断されたら生活習慣や食事の見直しをすることが大切です。

規則正しい生活を心掛け、適度な運動、栄養バランスの整った食事を適量摂りながら、糖質過多にならないよう気を付ける必要があります。

また、中性脂肪を下げる効果を期待できる食材としてDHAやEPAといった成分を豊富に含む青魚を多く摂ることもおすすめです。

青魚を食べるだけで中性脂肪が劇的に下がるという訳ではありませんが、生活習慣や食生活を見直しながら青魚を積極的に摂ることで中性脂肪の数値は下がりやすくなります。

中性脂肪を下げる効果のあるサプリメントを飲む

中性脂肪を下げるためには、中性脂肪を上げてしまう生活習慣や食生活を改善することが大切ですが、同時に、中性脂肪を下げる効果のある成分を積極的に摂ると更に効果が高まります。

前述した通り、中性脂肪を下げる効果のある成分として青魚に多く含まれるDHAやEPAといった成分がありますが、もう一つ「ドコサペンタエン酸」という成分を合わせてオメガ3系脂肪酸と呼ばれています。

これらの成分を積極的に摂ることで中性脂肪は下がりやすくなります。但し、毎日の食事でこれらの成分を不足なく摂るのは難しいのが現状。そこでおすすめしたいのが中性脂肪を下げる効果のあるサプリメントを飲むことです。

サプリメントであれば、食事内容に左右されることなく有効な成分を必要量、摂ることができますので効率的に中性脂肪を下げることが期待できます。

まとめ

中性脂肪を下げるためには、中性脂肪を上げてしまう原因となる生活習慣や食生活の見直しは必須だといえます。

生活習慣や食生活の見直しをしつつ、必要に応じて薬の服用やサプリメントを飲むことで無理なく中性脂肪を下げることができますので、是非、お試しください。

このページの先頭へ