中性脂肪とは!?基準値から外れていると問題はあるの?

健康診断などの血液検査の項目を見ると必ずといって良いほど出てくる「中性脂肪」。

「脂肪」とつくくらいなので、あまり良い印象を受けない検査項目の一つですが、そもそも中性脂肪とはなんなのでしょう?基準値から外れると何か問題はあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

そもそも「中性脂肪」ってなに?

中性脂肪とは、簡単にいうと人間が生きていくために必要なエネルギー源のことをいいます。

食事から摂り入れた脂質は、小腸で吸収され血液中へ移動、体内の生命維持のエネルギー源として活用されます。そして使いきれずにあまったエネルギーが中性脂肪として蓄えられていきます。

中性脂肪というと、凄く悪いものというイメージを持たれがちですが、人間が生きていくためには必要なものなのです。

但し、あくまでも基準値内にある場合にいえること。基準違いから外れると、身体に害を及ぼしますので注意が必要です。

中性脂肪が高いと身体はどうなる?

血液中の中性脂肪が基準値よりも高かった場合、これは「脂質異常症」といった状態になるため、身体にとって悪い状態となります。

血液中の中性脂肪が多いと、動脈硬化といって血管に脂肪がこびりつき本来であればしなやかなで丈夫な血管が固く脆い状態となってしまうのです。

動脈硬化になっても自覚症状がないため気づきにくいのですが、動脈硬化が進行することで血管内に血栓ができやすくなります。血栓ができることである日突然、心筋梗塞や脳卒中など場合によっては命に関わるような重篤な疾患を引き起こしてしまうのです。

つまり、こうした重篤な疾患を予防するためにも中性脂肪が高い方は改善を目指す必要があるのです。

中性脂肪が低いと身体はどうなる?

中性脂肪は、基準値より低くても良くありません。中性脂肪が低いと疲れやすい、疲労感が取れない、肌荒れなどの症状が起こりやすくなります。

また、中性脂肪が低い状態の裏には、バセドウ病や肝臓の病気などが隠れているケースもありますので必要に応じて詳しい検査が必要となるでしょう。

まとめ

中性脂肪は、基準値内に収まっていれば生きるためのエネルギー源となる大切な役割を担っているものですが、基準値から外れてしまうと重篤な疾患の原因や裏に病気が隠れているなどの可能性が出てきます。

本来の働きを全うさせるためにも、中性脂肪が基準値よりも高い場合は下げる努力を、中性脂肪が基準値よりも低い場合には、低い原因を突き止め必要に応じて治療を行う必要があるといえるでしょう。

このページの先頭へ